ABOUT

しぜんの国について
©photo by marisashimamoto

しぜんの国について

こどもを中心に語り合おう。
こどもとこども、こどもとおとな、おとなとおとな。
さまざまな想いや関係が交差する場を温めよう。

しぜんの国は、社会福祉法人東香会が運営するいくつかの保育園の総称です。
この名前は同時に、「保育の枠組みにとらわれず、こどもを中心とした話題を膨らませる場」を象徴するコンセプトもでもあります。

このサイトでは、日々の保育から生まれるエピソードや対話の数々から浮かび上がってくる、こどもたちの世界を発信していきます。暮らしの中で「こども」に思いを馳せる時間がちょっとだけ膨らむ。こどもとおとなの関わり合いがもっと深まる。そんなことを目指しています。

社会福祉法人東香会

PLACE

ようこそしぜんの国へ

こどもとおとなが
自然にかかわり合う
むかしからある
あたらしい保育園
「しぜんの国」へようこそ

保育哲学は「すべてこども中心」
保育理念は「いきいき」
私たちは、今ここにある
「こどもたちのたからもの」を
大切にします。

しぜんの国保育園
– small village –

しぜんの国保育園 small village

にぎやかな街並みから少し離れた忠生の里山。
その高台にある当園は、「small village (スモール・ヴィレッジ)」という愛称のとおり、
小さな村のように連なった白い三角屋根の建物が目印です。みどり豊かなしぜん谷に包まれて、こどもたちとおとなたちの落ち着いた日々の暮らしが営まれています。

渋谷東しぜんの国こども園
– small alley-

渋谷東しぜんの国こども園 small alley

渋谷駅と代官山駅をかつて繋いでいた線路跡地に建つ東急ブリッジA棟内に「small alley(スモール・アレー)」はあります。長細い路地のような外観に、3層に重なるフロアが目印です。路地のように人々が交差する場所で、街との関係性を深め、豊かな出会いを育みます。

上町しぜんの国保育園
– small pond-

上町しぜんの国保育園 small pond
写真:矢野紀行

「small pond(スモール・ポンド)」とは小さな泉のこと。もとの敷地にあった井戸や、面していた川などの環境を手掛かりに「様々な人・もの・ことが、子どもという存在を中心にして湧き上がる」ことをイメージしています。

しぜんの国へのお問い合わせ